キャッチャーの練習といえば、

ピッチングのキャッチャー
シートノックでのバント処理やキャッチャーフライの捕球
内野手が守ってのバント処理
ゲーム形式でのサインプレーやカットプレー

など、
どちらかというとキャッチャーの基本を教えたり、
キャッチャーのための練習をしていないのが

現実だと思います。

 

ですが、状況はよくわかります。

 

おそらく多くの指導現場に

キャッチャー経験者がいないから
なんですね。

他のスポーツにも言えることですが、
野球と、ひとくくりにされてもピッチャー出身者が
キャッチャーの指導法がわからなくて当然です。

また現役キャッチャーの方は、

専門的な指導が受けられなくて
悔しい思いをしているのではないでしょうか?

 

少年野球のキャッチャーでも、捕球、送球やリードなど、

他のチームのキャッチャーとは
比べ物にならない程上手い選手を

目にすることがあります。

 

キャッチャーが上手い人と、下手な人の
違いには、いくつかの要因があります。

 

上手い人の要因を、今回の指導者である定詰さんが
理解して、実践しています。

 

なるほど、そうやって捕球しているのか・・・

捕球から送球までの練習は、こうやるのか・・・

など

定詰さんの指導法は、本当に丁寧でわかりやすいので、
少年野球の選手でも容易に理解できるように
なっています。

 

野球において審判の判定は非常に重要です。
多くの方はストライク判定を増やすのに
間違った考えをもっています。

ボール球はストライクゾーンに

ミットを素早く動かす。

これは定詰さんから言わせれば一昔前の古い方法です。

これでは決して良いキャッチャーにはなれません。

正しい捕球をすれば、

それだけでストライク判定を増やす
ことができるのです。

 

長年、プロ野球に1軍選手として活躍していた定詰さん
ならではのコツは、ここでしか知ることができません。

 

商品名 野球キャッチャー上達革命【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 】
カテゴリ スポーツ